読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CSSにおける和欧混植のベストプラクティス

欧文はウェブフォント、和文はユーザーエージェントのデフォルトにするというのがベスト。

html {
  font-family: Lato, sans-serif;
}

というのも、ローカルの欧文フォントを指定するためにはプラットフォームごとにインストールされているフォントを把握しておく必要があるからだ。現状のシェアを占めているものだけに絞ればまだしも、クライアント環境が多様化し続けている昨今ではそのアプローチは不十分に思える。

ちなみに、主要なプラットフォームにインストールされているフォントの一覧は以下。

ウェブフォントを利用した指定にしておけば、プラットフォームに関わらず和欧混植にできる。読み込みに失敗するというケースも考えられるが、その場合の見栄えは妥協できるだろう。

和文の指定に関しては、まずウェブフォントはコストが高いので避けたい。加えて、前述したような理由でフォントファミリー名を指定するのも微妙。そこでsans-serifなどのジェネリックな指定にしておけば、ユーザーエージェントが最適なフォントを選択してくれる可能性が高い。

とはいえ、タイポグラフィとしては和文フォントと欧文フォントの組み合わせがまずいものにならないようにはしたい。そういう場合は、それぞれのフォントが利用できる場合のみ特定の処理を行うというアプローチも取れる。

参考: